借り換えローンを活用してみる方法もあり!

複数の金融機関から金利18%ほどで融資を受けている人に借金額を減らす方法として

オススメなのが、借り換えをすることです。
消費者金融の金利は通常18%です。

金利は利用額が多ければ多いほど返済が困難になってくるものでしょう。

月の利息が7500円ほどになってくるので、もし元利均等返済に設定して毎月1万円の返済だと

月々の元本の減少が2500円ほどになってしまい、1年間返済しても元本は32,603円しか減りません。
その一本で利息の支払い総額は87,397円も支払ったことになります。
年間で考えてもこれだけの総額になります。
返済が終わるころの利息の総額は30万ほどになってしまうのです。

そして、1年間返済しても元本がまだ46万7千円も残ります。

まさに、返しても返しても借金が減らない感覚になってしまうのです。

逆に、楽天銀行カードローンなどのように金利が13.5%のものならどうでしょうか

月々の利息が5600円ほどで元本が月々4400円ほど減少していきます。

年間の返済額が55,873円になり18%と比べると23,270円も差額ができてきます。
ただ、借り方の違いだけなのにこれほどの金額の差が出てくるのです。
総額にすると10万円ほどの差が開いてくるのです。

総量規制の関係もありますが、まだ滞納や借入が多額にない場合は、
是非金利の安い金融機関を利用するようにしてください。

そして、できる限り借り換えをすることをオススメします。

審査の通りやすさはどう違うの?

審査の通りやすさで考えると、消費者金融もカードローンも差がありません。

カードローンの場合今では原則300万円まで収入証明書の提出が不要であったりするので、
場合によってはカードローンの方が審査は楽なのかもしれません。

ただ、どちらも在籍確認は実施されているようです。

私も銀行カードローンに申請を出しましたが、職場に在籍確認の電話があったようです。
○○さんから電話があったよと言われて、ヒヤっとしました。

ただ、基本的に一度審査に通過して、その後滞納などの問題を起こさなければ、
その後は自動更新をしてくれるので一度審査を通しておくと楽です。

また、人に寄ってはさらにお得な国の制度も使える場合がある。
複数の金融機関から多額の借入がある場合は認められませんが、
まだ借入がない場合は国から条件によっては無利子で借入をすることが認められています。

コチラを利用してみてもいいかもしれませんね。

キャッシングのポイントは審査にあり!審査が10倍通りやすくなる方法

キャッシングを得られるか得られないかの違いは審査にあります。審査さえ何も問題がなければカードを発行してもらえてその日から融資を受けることができるでしょう。

 

問題は審査です。審査に問題がなければお金を借りることができるわけです。

 

そこで今回は審査について考えていきたいと思います。

 

審査と聞いてどのようなイメージを持ちますか?自分を査定されるような気分になってとても嫌な感じがするのではないでしょうか。

 

実際にその通りです。金融会社はあなたを投資対象として問題ないかどうか査定するわけです。査定とは実際にお金を貸しだして(投資)利息をリターンとして得るわけですから、その通りでしょう。

 

その投資判断として金融会社はプロです。あらゆる情報を持っていて統計としてあなたに投資をしてもしっかりと回収できるかどうかほぼ90%の確率ぐらいで判断することができるのです。

 

融資の通り方については他のサイトに譲るとして、こちらのサイトではその中でも審査に自信がないけども緊急でお金が必要という方へ向けてご紹介していきます。

 

それが、キャンペーン期間中の金融機関を狙う方法です。たまに金利優遇キャンペーンとして通常の半額の金利を適用して貸し出しをします!という内容の広告を目にする機会がありますね。

 

こうした金利優遇キャンペーンの裏を返せば、貸し出しに積極的であるといえるでしょう。

そのため、審査も甘くなるといわれているのです。多少リスクがあったとしても滞納情報が出ていないから貸し出して見ようと判断するわけです。

 

なかなか審査に通れない!と悩みを抱えている人はキャンペーンを狙って申込をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

すぐにお金を借りたい人にオススメの金融機関

すぐにお金が必要な人が選択すべき金融会社があります。

 

それは大手消費者金融です。消費者金融はプロミスやアコム、アイフルが有名ですがこれらの消費者金融の特徴としてスピード融資に対応している点です。

 

スピード融資とは最短で即日借入をすることが可能ということです。即日で借りることなんてできるの?と疑問に思うかもしれませんが、午前中に申込みを済ませて、なおかつ勤め先企業に対しての在籍確認が済んでいればお金を借りることができてしまうのです。

 

こうしたスピード審査に対応しているのは消費者金融しかありません。通常の銀行のカードローンはどうしても日数がかかってきます。申込みを受け付けてから信用情報機関に問い合わせをして、その後会社に対して在籍確認をするからです。最短でも審査内容の返答まで3日ほどがかかってしまうことでしょう。

 

さらに消費者金融の審査は一般的に難易度が緩くなっています。基本的に消費者金融のような法定金利上限の貸し出しサービスを利用する人は相当お金の困っている人ということを消費者金融側もわかっているからです。

 

消費者金融側の審査も非常に緩くなっていて、勤めたばかりのアルバイトの人でも審査に通るようになっています。収入が10万円以下のアルバイトの人でも審査が通るようです。

 

さすがに収入が月10万円以下で勤めたばかりのアルバイトの人が通るキャッシングは消費者金融ぐらいしかありませんからね。

 

いわゆるスーパーホワイトと呼ばれるクレジットカードも利用したことがないような人は、まずはこうした消費者金融のサービスを利用して実績を積んでからより金利が低い金融サービスを利用していくようにしてください。毎月しっかりとした返済履歴が最低で半年間もあれば他のサービスでも格段に融資が通りやすくなります。

 

カードローン会社の中でも審査に通過しやすいところと通過しにくいところがあるのでその点はコチラを参考にしてください。審査に通過しやすさを一覧にしてあります。